chocokuro325のブログ

2017中学受験にチャレンジした我が家のあれやこれや

ずれている父さん

父さんが福岡の出張から戻ってきた。

一週間留守にしていたので、父さんの情報、

テンション、色んな事が一週間前のまま

止まっている。

 

 

仕方のない事だけど、色々ずれていて

困っちゃう。

 

 

息子の中学受験は、第一志望校には御縁がなくて

ほろ苦いものだった。

けれど、御縁のあった某男子校も好きな学校の

一つだったので、すでに息子は 気持ちが完全に

切り替わっている。

 

 

なのに、

 

 

父さんは帰宅早々、一所懸命息子を慰める!

励ますならともかく、慰めているんだよなー。

 

 

息子は、結構打たれ強い。

今回の受験で連敗を食らった時にも 改めて思った

けれど、メンタル面は 強い方かもしれない。

私たち親の方が まいってしまうような局面でも

息子は自分の意志をはっきり示すことが出来たし、

逃げたりしないタイプだったから。

 

 

そんな息子を 今更 一所懸命励ましてみたり、

進学先の学校をべた褒めしてみたり、何かちょっと

ヘンテコな父さん。

 

 

結構話も長くなってきたなーと心配になって来た時に

仕事の電話が入り、父さんが席を立った。

 

 

クスクス笑う息子。

「心配してくれているんだと思うよ」と言ったら、

『だねー』と言い残して 今がチャンスと言わんばかりに

風呂場へ逃げて行った。

 

 

父さんは、母さんのことも心配してくれていたけれど、

私は私で 払うものを払い、招集日にも参加をして、

手続きを もろもろ済ませているので、

すっかり某男子校の保護者になった気分でいます。

 

 

父さんだけが、一週間前の中学受験終了間際の

テンションで ちょこっと おかしい。

今日はそんな日だった。


にほんブログ村

にほんブログ村

広告を非表示にする